片手でブラジャーをする方法 とりあえずの”ゆるブラ”作戦

片手でブラジャー

ブラジャーの必要性

片手でもなんとかできるんじゃないの?

と、何度か挑戦したものの、

絶対に無理!

と悟りました。

しょぼーん・・・

ノーブラは痴女

季節的に寒いときなら、重ね着するのでノーブラでも誤魔化すことができます。
ですが、薄着になってくると隠せません。

しばらくは、ノーブラのままでいましたが
ある時、ふと鏡を見ると胸に

2つの ポチ ポチ

おっと!

こんな姿を人目にさらしていたのかと、反省しました。

なんたってブラジャー

輪ゴム式ゆるブラ

どう考えても、自力でブラジャーのホックは掛けられません。
そして考えたのが、

じーな

もう少しゆるい状態ならかけることができるのに

輪ゴム式ゆるブラ!!

女の人は妊娠したとき、それまで着用していたスカートやパンツを、もう少しはき続けたいと考えて
ボタン穴に輪ゴムを通して、もう一方のボタンに引っ掛けます。
それをヒントに、ブラジャーの金具に輪ゴムを通しました。

写真のような状態にします

ゆるブラ

そうすると、ゆるいブラジャー状態になるので片手でもフックに掛けることができます。
かなり不安定な感じですが、意外と外れません。

これで何とか、ブラジャーを着けているという形にすることができました。

「そんなゆるいブラジャーは、役に立たない!」

という人もいるかもしれません。
ただ、胸のポチポチから逃れることはできます。

ブラトップ

言わずと知れた、ユニクロのヒット商品ブラトップ

”きりぎりす”は使ったことがありませんでした。
手首を骨折したことのある友人が

「しばらくしたら、ブラトップにしたよ」

と言っていたので、買ってみました。

腕を通して、
「む、きついな」
手を上げた格好でバタバタと、もがくことしばし

た、助けて〜

万歳の恰好をしたまま、二進も三進も動けなくなりました。

大変だ、こんな格好で助けてもらうこともできないし、自力でなんとかせねばって、焦りました。
本当に動けないのです。

やっとの思いで、なんとかはなりましたが、恐ろしくって二度と身につける気になりません。
そもそも片手の人がブラトップをすることなど不可能なのです。だって
結構な力でグイグイと引っ張らないと、着られないのですから。

ほんと、恐ろしいわブラトップ
1枚しか買わなくてよかったです。

カップ付きインナー

そしてたどり着いたのが、イオンから出ている

カップ付きインナー

タンクトップにカップが付いたものです。(写真はグンゼのものですが)

これはブラジャーの役割を果たさないかもしれませんが、胸のポチポチは出ませんし、ホックが外れる心配もありません。
そして、肩ひもが落ちてくることもないのです。

カップは取り外し可能なので、ブラジャーを着けられるようになれば、インナーのシャツとして使えます。決して無駄にはなりません。

締め付けることもなく楽チンなので、”きりぎりす”は
ずっと使い続けてもいいかなと思っています♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です