ヘアカラー専門店なら、白髪染めが低料金なのにプロ仕様

白髪染め

ヘアカラー専門店の進出

白髪染めするのに、ヘアサロンに行っていますか?

それは、かなり損をしていたかもしれません。
最近は、毛染めだけを専門にしている『ヘアカラー専門店』に行く人が多いのです。

毛染めの常識

ヘアサロンでは、シャンプーからカット、パーマ、毛染めなどあらゆるメニューに対応してくれます。店舗もプチセレブ感が味わえるようにゴージャスに作ってあったり、マッサージなどでリラックスできたりします。

そういうところで、月に1度とか少なくても3ヶ月に一度ぐらいは毛染めをするというのが、今までの常識でした。

自分で染めるのが経済的

もちろん、家で染めてしまう、自分でするとか家族に手伝ってもらうのが最もお安い方法です。

でも、自分でするなら後頭部は難しくて、それこと

「痒いところに手が届かないー」

いや、手は届くけど
見たいところが見えない。という状況です。

ヘアカラー専門店とは

プロにやってもらいたい、でも安い方がいい

そんな願いに応えて、いつから登場したのか
街中にヘアカラー専門店が増えています。

料金は、2,000円ぐらいで、部分染め、リタッチ、全体染めを選べます。

”きりぎりす”の行っているところは、

  • 部分染め   ¥1,000
  • リタッチ     ¥2,000
  • 全体染め     ¥2,500

この料金には、シャンプー代が含まれていて、髪の長さは関係ありません。ショートでもロングでも同じなのです。

カラーの種類も白髪染めが42色、オシャレ染めが53色と豊富にあります。

利用方法

店舗によって様々ですが、一般的なヘアサロンとは利用の仕方が違います

予約

予約ができるところとできないところがあります。
不可のところでは、自分の順番が来るまでずーーーっと待つことになります。
↑  ごくろうさん

WEB予約できるところは便利です。空き状況を確認しながら好みの日時を選びます。

支払い

自販機でチケットを購入するシステムのところは、もちろんカードの利用ができないし、千円札以外は使えない可能性がありますので、手持ちのお金を確認してください。

毛染め

毛染めに関しては、ヘアサロンと変わりがありません。プロ仕様です。

シャンプー

自動の洗髪機で洗い流した後、手洗いしてくれます。場合によっては少々色残りするかもしれないので、服装は汚れても良いものや濃い色のものが無難です。

ドライヤー&ブロー

これは、セルフです。
小道具、必要なものは揃っていますので、それらを使いながら自分で髪を乾燥させて、仕上げます。
時間の制限があるわけではありませんので、納得できるまでセットすればいいし、化粧直しなどもすることができます。

ヘアサロンの使い分け

ヘアカラー専門店では

  • ブリーチ
  • ヘアマニキュア
  • メッシュ

こういうメニューはできませんので、プラスアルファのオシャレをしたいときは、メッシュだけでヘアサロンを利用するのがお得です。

注意
ヘアカラー専門的は、あらゆるメニューに対応できない

全体的にはヘアカラー専門店を使い、ポイントでお気に入りのヘアサロンを利用するというメニューによっての使い分けが、今後は可能になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です