手術日記、左肘関節脱臼骨折/左橈骨遠位端骨折 入院から手術の日

手術予定

手術の記録

これは“きりぎりす“が、左腕の手術をした記録です。(音声入力で作成しています)

入院の日

4月14日、日曜日

入院手続きのあと、病室などを案内してもらい、その後昼食をとりました。

前日お風呂に入ってきたと申告したのですが、シャワーするように指示されました。
ケガをしている左手は、包帯を外して拭き取りをします。

この日大便が出なければ、浣腸しなければならないと言われました。運良く無事にお通じありww

爪切りをするのですが、右手以外は自分で出来たので右手だけを切ってもらいました。

手術の当日

4月15日、月曜日

朝6時を過ぎると、看護士さんが上半身を拭き取ります。

7時15分 点滴開始 もちろん絶食

紙パンツに履き替えます。

10時 手術予定は10時15分からだったのですが、予定より少し早く呼び出しがかかりました。

その日担当の看護士さんが手術室までついて行ってくれます。

麻酔科医は女性です。その他迎えてくれたスタッフも全員女性です。この病院は、かなり女性が多いと思います。

頭にはシャワーキャップのようなものを被り、手術台に横になります。

「では麻酔に入りますよ」

担当医の顔も見ませんが、もう眠らされてしまうようです。
覚悟を決める瞬間!

「よろしくお願いします」

手術終了

激しい喉の痛みで目が覚めました。

無事生還しました!!

「喉が痛い」

手術室について来てくれた看護士さんが、

「喉の痛みは、人によっては2日ぐらい続くようです」

と教えてくれました、とにかく喉が焼け付くほどに痛かったです。麻酔のためにチューブが入っていたのだということがわかりました。

運ばれていく途中で壁の時計を見ると、予定の3時間半より1時間ほど早く終わっていました。

手術内容について

  • 手首
    ピンだかビスだか、そういうものでプレートに留めたのだそう

  • 思ったよりひどく、アンカーで靭帯などを縫ったのだそう

手首プレート

手首プレート手術

肘アンカー

この金属については、後日取り出すことはしないとのこと。
入れっぱなし。”きりぎりす”は、サイボーグになってしまいました。

手術後の左腕

病室に入り酸素の吸入、心電図、血圧など手術後の看護をしてもらいます。5分、15分、30分と看護師さんはしょっちゅう来てくれます。

昔、子供のころ、盲腸の手術をしたときには、麻酔の影響かひたすら眠りこけていたように思いますが、今回は全く眠気がなくすべてを意識しています。

自分の左手を触ってみようと思いましたが、どこにあるかわかりませんでした。

「手がどこにあるかわからない」

看護師さんに触らせてもらうと、全く感覚がないのでぷよぷよとした作り物のようでした。でも、ちゃんと暖かかったので、手術が成功したのだとうれしく思いました。

やがて親指の内側から麻酔が覚めてくると同時に、痛みも始まります。

夕食は1時間ずらしてもらいましたが、食べようとすると吐き気がしたので、ほんのふた口ぐらいしか食べられませんでした。

鎮痛剤を飲み、再び激しくなった痛みには筋肉注射をしてもらいました。

注射してもらうと、回転性めまいが出て気分はどん底でした。

あ〜 どうなってるの・・・

同室の人には申し訳ありませんが、あまりの痛さに声を出し続けていました。

そして朝を迎えたときには、痛みも薄れ、ご飯も食べられるようになりました。辛かった1日はようやく終わったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です