地下鉄の中に突然現れた紳士、彼の正体は守護霊なのだろうか?

不思議な紳士

説明できない出来事

どこかのブログに書いたような気がするのですが、見つけることができなかったので

きりぎりすの生きる道

として、思い出しながら書いてみます。

その人と会っていたのは、ほんの少しの時間だったのですが、後から考えるととても不思議な気がします。

家族の病状が厳しい日々

そのとき、”きりぎりす”の家族が病気で、厳しい状況にありました。

経験がない若い方もいるかもしれませんが、ほとんどの方には似たような経験があるかと考えます。

  • 何をしても、心は別のところ
  • 面白いものを見ても笑うことができない
  • 毎日がつらくてたまらない
  • 食欲も出ない
  • ゆっくり眠れない

気分はどん底で、精神的にも肉体的にも疲れてしまっている、そんなある日のことでした。

買い物帰りの地下鉄

気分転換に買い物に出かけ(全然気分は変わりませんが)、買い物袋を抱えた”きりぎりす”は地下鉄の中で居眠りをしていました。
こういうところって、意外と落ち着くんですよね。

乗ったときには座席が空いていて、立っている人はいなかったと思います。

見知らぬ紳士

ふと目を開けると、目の前に1人の紳士が立っていました。(60代ぐらい)

紳士は

「降りて、ちょっとお茶でも飲みませんか」

なんだそんな用事か

もちろん、ナンパのような話に付き合う気分ではなく

「いいえ」

と返事して、ほぼ無視するような態度を取りました。すると、その紳士は

「ずいぶん苦しそうな表情をしていましたよ。どうしたのですか?」

おそらく、その人の言っていることは間違いなく、”きりぎりす”は苦痛の表情を浮かべて居眠りをしていたのだと思います。

しかし、あまりにも唐突な質問を、見知らぬ他人にされても

驚きと不信感がいっぱいで、何も言うことはできませんでした。
ましてや、家族が・・・なんて言えるはずもありません。

心の中で

”なんで、あんたがそんなこと言うの、放っといてよ”

そうつぶやいていたに違いありません。

そんな無反応な態度を見て、紳士は車両から降りて行きました。

ふと、

”この人の目的はなんなのだろう?”
”ここで、降りる予定だったの?”

と考えて、動き出した地下鉄からホームの人を目で追いましたが

紳士の姿を見つけることはできませんでした。

紳士の謎

ふつうに、ナンパしてきたおじさん

そういうことなら、なんの不思議もありません。でも、明らかに不可解なことがいっぱいです。

 

  • その人は、降りる駅がもっと先だったはずなのに、断ることで降りてしまったのでは?
  • そのあと、消えてしまった(?)

 

当時の”きりぎりす”は、40代後半です。

そのぐらいの年齢差の人が、苦しそうな表情をしていると言う理由で、見知らぬ他人に声をかけるでしょうか?

苦痛の表情をしていたとして、実際はとても充実している人かもしれません。判断は難しいと思います。

ピント外れかもしれないのに、声をかけるのはかなりの勇気が必要なはず

ましてや、そんな会話は他の人の手前、言いにくい内容ではないでしょうか。

謎の解読

一体誰だったのかということについて、”きりぎりす”なりに考えました。

彼の目的は、お茶を飲むことではない(相手が断ることは承知している)

ただ

『そんな表情をしていてはいけないよ』

と知らせるためだけだったのではないでしょうか。

だとしたら、彼は誰?

どんな顔をしていたのか、チラリとしか見なかった気がします。
ビジネスマンではなく、荷物は持っていませんでした。

”きりぎりす”は、考えます。
彼は、”きりぎりす”の先祖、もしくは守護霊だったのかもしれない

その後、”きりぎりす”は、そんな表情をしていたのではいけないと反省しました。

笑う門には福来たる

というぐらいなのですから、明るい表情をしていたらよいことがあるし、暗い表情だとろくなことがないのかもしれません。

しかし、つらいときでも、そんな表情をしないということは難しいことです。
人前ではなんとかごまかせても、1人になると自分の気持ちを隠せません。

たった1人のとき、そのときは表情を作ることができなくても、少なくとも誰かに見られる可能性があるとき、それが知らない人であっても、人前では苦しい表情をしないようにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です