うさぎを飼いたい!知りたい初期費用を計算してみた

うさぎの初期費用

うさぎの飼育

うさぎを飼い始めたことは、こちらで報告しました。

家族新メンバーうさぎ わが家の新メンバーは、ネザーランドワーフの仔うさぎ

「飼ってみたい!」

と質問をもらうこともあり、

「でも、初期費用は結構かかるよ」

と言った結果、悩んでいる人もいます。

そこで、これからうさぎを飼う人のために、初期費用についてまとめてみました。

どの動物も初期費用というのは結構するもので、意外に犬や猫といった家の中で自由に動いているものの方が、安いのかもしれないと感じています。

初期費用の金額

ケージ

狭いケージに入れている人もいるとは思いますが、小さいネザーランドでも70センチ以上のものが理想です。

うちでは、ハリネズミ が使っていた『SANKO シャトルマルチ70』に専用のスノコを入れて、使っています。

このケージを使う上での問題点は、

引き出し式でないこと

引き出し式でなくても掃除はできるわけですが、時間的なことを考えると格段に違いがでます。
また、ケージを上方向に持ち上げて外そうとしたときに、側面に付けている

給水ボトルや餌入れを外すのが少々面倒にもなります。

なので、いずれは、引き出し式に変更したいと考えています。

引き出し式のケージは

10,000円以上

トイレ

1,500円ぐらい

掃除の手間を省きたいので、現在は下のものを実験的に購入しています。
どちらがよいかは、また報告します。

給水ボトル

1,000円ぐらい

餌入れ

1,200円ぐらい

こちらは、初期のものではなく買い換えたものです。
うさぎは、かなり力があります。トイレも持ち上げます。
小さくなった草を取りたいために、餌入れを振り回すこともしばしば。

このタイプは細かいものも下のトレイに落ちてきますが、柵があると振り回すし、入る量も少ないので撤去して使っています。

ケージによっては、床につく、隙間ができるなど色々なタイプがありますので、サイズの確認が必要です。
購入した後に、取り付けられなかったということのないよう注意しましょう。

エサ

  • チモシー 1,000円
  • アルファルファ 1,000円
  • ペレット (ひごペット)1,700円
  • ハーバルパウダーフード (ひごペット)1,500円
  • マルチビタミン 水用 (ひごペット) 700円
  • 乳酸菌 アリメットプラス (コジマ )1,500円

チモシーアルファルファ
成長期には両方とも必要なので、値段的には

500g ー 1,000g で500円ぐらいから
2,000円ぐらい

と幅があります。

ペレット
ドッグフード やキャットフードのようなもので、種類もたくさんあります。

ハーバルパウダーフード
栄養補助の野菜なのですが、同様の種類のものを見たことがありません。乳酸菌と混ぜてスープ状に溶いたものをペレットといっしょに与えています。
少々面倒ですが、他店では買えないため、購入するときはひごペットに行っています。1日1gほど。

マルチビタミン
ハリネズミのときから使用しているもので、給水ボトルに入れて与えています。
口内炎は、これですぐ治るとのこと。

乳酸菌
こちらもハリネズミから引き続いて使用しているものです。お通じがよくなるということですが、なくても大量に出してくれそうではありますw

餌は全てペットショップの担当者が選んでくれたもので、”きりぎりす”が設定したのではありません。

これを合計すると

21,100円

本体のうさちゃんを加えれば、やはり

50,000円

というのが最低限かもしれません。
うさぎは、血統書がついているとかによって何倍にもなりますし、この初期費用を軽く上回る値段の子もいます。

さらに、冷暖房
冷房はクーラーを入れるほかありませんが、暖房は床暖房(うさぎ用)や保温電球が必要になります。”きりぎりす”は、ともにハリネズミのものを利用しました。

うさぎの初期費用は、それほど安くはない。でも最近の犬・猫の購入費用に比べればかなり安いとなります。

思った以上に賢く、面白いうさぎ。なんと言っても近所迷惑と言う言葉からはほど遠い存在が、人気の秘訣かもしれません。
ぜひ、お迎えしてあげてほしいものです。

初期費用以外に買い足していったものなどについては、少しずつ書く予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です