マイナポイント、どれがお得か?選んだのは楽天Edy

マイナポイント 申し込み

前回はマイナポイント予約のための、マイキーを設定するところまでやりました。

マイナンバーカード ポイント マイナポイントの準備、家族全員分もスマホ1台で設定可能

マイナンバーカード の取得は、こちら

マイナンバーカード マイナンバーカード 申請手続きから受領するまでの手順

いよいよ9月に入り、マイナポイント は本番を迎え、早い人は

「もう、ポイントいただきました!」

と言っています。

マイナンバーカード の発行が20%弱にとどまっていることから、マイナポイント の予算に達成するのは、まだまだずっと先。結局は

2021年3月

この期限までに終了してしまうことはない

と言われています。でも

様々なキャンペーンがどんどん終わってしまうこともあり、できれば早めに5,000円をもらってしまうのがお得です。

でも、これって

「5,000円なんか、別にいらないわ」

という人たちには、関係のないこと
そういう人たちがたくさんいるということも事実です。

申し込みの手順

では、5,000円ほしい人のために手順をあげてみます。

マイナポイント設定

これは、スマホでの手順

カードリーダーなんてほとんどの人は、持っていないでしょう。
パソコンよりも、スマホで設定するのが手っ取り早くて、経済的なのです。

すでにマイキーはあるという前提で、次に進んでみます。アプリを起動すると

マイナポイント の申し込み

①マイナポイント の申込 を選択し、②マイナンバーカード でログイン、③マイナンバーカード をスキャンします。

カードの真ん中あたりに、スマホを置いてスキャンしましょう。

あなたは、マイナポイント の申し込みが可能です

このメッセージがなければ、話が始まりません。

対象のキャッシュレスサービスを選択

マイナポイント は、

キャッシュレスで2万円のチャージまたは、買い物をすると

5,000円分のポイントがもらえる

つまり、25,000円分使えるというものでしたね。

キャッシュレスサービスをどこが1つだけ選択する。その作業が必要です。しかも
1つ選択したものは、もう変更することができないので重要です。

d 払い

まず目をつけたのは、d払い

上限2,500円が付けられるので

5,000 + 2,500

d払いが使えるお店は多く、比較的大きなお金が動くのは、家電量販店

ユニクロでも使えるので、20,000円は確実に使うでしょう。

d払いのデメリット

ところが、d払いはチャージにクレジットカードを使うことができません。

クレジットカードでのチャージ

これを無視することはできないのです。

なぜなら、クレジットカードを使うことによってカードを使うことによるポイントも受け取れる、いわゆる

ポイント二重取り

これができるのです。
というわけで、d払いはやめました。

楽天Edy

結局、選択したのはEdyです。

このようなキャンペーンをしていて、今なら第1弾にも間に合います。

マイナポイントedyキャンペーン

Edyは、意識しなくても日常の買い物に使っていますし、なんと言っても楽天カードでチャージできるのがうれしいです。

Edy設定の手順

マイナポイントedy

キャッシュレスサービスの中からEdyを選んで、⑤⑥と進んでいきます。
⑦の必要事項は、カードの裏面に記載されています。場所を間違えずにインプットしましょう。

⑧になると、設定が完了します。

マイページに選んだサービスが記載されました。

マイナポイント マイページ

来年、マイナンバーカード に付けられる保険証についての申し込みが表示されますので、希望でチェックを付けます。

マイナンバー保険証

④の図では、申込状況

『未申込』と表示されていたものが、『申込済』に変わりました。

ここにちゃんと表示されていないと、せっかくのポイントがもらえないので注意してくださいね。

マイナポイント申込状況

他にもよいものがあるとは思いますが、個人的に

  • よく使う
  • クレジットカードとのポイント二重取りができる

この条件で選びました。

手順のわからない方、サービスを迷っている方の参考になればうれしいです。

MEMO
設定がわからなければ、区役所等に専門のコーナーもできているので利用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です