機内食の選択ミス、食あたりで通路を転がる

機内食で食あたり

機内食で食あたり

あれは、機内食が原因で食あたりを起こしたに違いありません。

ですが、

それを食べたのはGWの乗客500人あまりのうち、たった1人だったのです

MEMO
※この記事は、航空会社が限定できないように書いています

搭乗前の食事

出発する前に食べたのは、うどんです。

うどんで食あたりって、可能性は低いですよね。
それが夕食なので、その前の昼食となると、時間的には10時間以上前のこととなりますから、やはり原因はそれしかないと。

機内食の選択

もちろんエコノミーの話ですが、機内食は2種類からの選択が一般的です。

さらには、両方とも肉という航空会社もあり

  • チキン
  • ターキー

冗談じゃないわいっ!どっちも鳥だろうが💢

”きりぎりす”は、鳥が大嫌いです。そのことを書いたものがあるのですが
思いがけず、たくさんの方に読んでもらっていますww

鳥恐怖症 鳥恐怖症は英語でOrnithophobia、侮るなかれ

選択範囲としては、ほとんどがその程度です。ただ、機内食には宗教上の理由やベジタリアンのために、特別食が用意されています。
そこで、どっちも鳥なんていう選択から逃げるために、ベジタリアンを選択してみました

ベジタリアンと言っても様々に分かれていて、”きりぎりす”が選んだのは500人以上の乗客の中で、

たった1人

だったのです。

VELTRA

腹痛と下痢

食後、激しい腹痛と下痢に襲われました。

トイレを出ても、自分の席に戻れず、通路に転がっていました。

そんな様子を見ても、他の乗客というのは状況を察せず、トイレに入るのですね。

じーな

早く出てくれ〜

日本人のCAさんが、どうしたのかと尋ねました。

このとき初めて知ったのですが、機内には鎮痛剤しかないのだそうです。

”きりぎりす”は、機内には救急箱のようなものがあると思っていました。
だから、万一薬を持っていなくても、機内の予備品をいただけると。

MEMO
機内には鎮痛剤しか用意されていない

席はどこなのか聞かれましたが、同行者が近くにはいないことを告げました。

旅行の同行者

この旅行は、一応友人が2人乗っていました。

ですが、同行者は全然姿の見えない離れた席に座っていて、搭乗前に会ってもいなかったのです。

つまり、”きりぎりす”達は、勝手に席を予約して、別々に機内に入っていました。

しばらくして、少しましになってきたので、自分の席に戻ろうとしたとき
同行者に連絡してくれるということで、2人の席番を伝えました。

やがて、1人は様子を見にきてくれましたが、もう1人は誰か人違いの話だと考えていたようです。
なぜなら、CAさんが伝えたのは

「黒いスカートの友達が、具合を悪くしている」

という内容だったため、”きりぎりす”が黒いスカートだということも知らない同行者は、なんのことかわからなかったのです。


航空会社の対応

薬のない機内では、CAさんが2リットルの水を持ってきてくれて、どんどん飲むように指示しました。

外国人のCAさんは、個人的に持っている薬を「よかったら飲んで」とくれました。

2食目の食事は、おかゆだけでした。
おかゆを出してもらえるのですね♪

しかし、腹痛を起こしたのがたった1人ということで、機内食が原因だったとは絶対に認めないようです。確かに証拠もありません。
機内食を作ったところにはサンプルがあるかもしれません。ですが、別に入院したとかいう話でもないし、他の可能性が完全にないわけでもありません。

機内食を変更

この飛行機は、目的地までに乗り換えがありました。

一時は、到着したところで、病院へ行かなければならないかと心配しましたが、薬が効いたのかやたらお腹が減ってきました。そして次の飛行機では、ペロリ、ペロリと完食。

ようやく目的地に到着した後は、すぐに航空会社のカウンターへ行き、帰りの便の機内食を

ベジタリアンから普通食に変更してもらいました

食べたこともない機内食を選択するなどという、慣れないことはやめた方がよさそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です