プロフィール

バイヨンヌ市街図

じーなのプロフィール

定年までは、ほぼ毎年海外旅行に出かけて
貯金などという言葉は、頭のどこにもなく
もちろん家を買うこともないまま、その日はやって来てしまったのです。

定 年

意外と早かったな〜
その結果、現在の状況は

  • 独身
  • 住まい 持ち家なし
  • 同居人 犬(2020年4月永眠) ハリネズミ
  • 貯金 わずか

そんな”きりぎりす”のわたしが、ふと目覚めて退職後の作戦を立てたわけですが
まあ、すべてにまじめなブログを書けるわけもなく、面白おかしく読んでいただけたらと思っています。

社会人となってからの職歴は

  • 国家公務員
  • 外資系商社や銀行(どちらもイギリス資本)

派遣などを経て

  • 日本の企業

海外渡航歴

アジア 香港(1) マカオ(1) ベトナム(1) シンガポール(1)
アメリカ(2)
ヨーロッパ
 スペイン(回数は不明、その内の6ヶ月間は滞在) イギリス(1) フランス(2) ドイツ(2) スウェーデン(1) フィンランド(5) エストニア(3) ラトビア(1) リトアニア(2) スイス(1) オランダ(2) ベルギー(1) イタリア(3) バチカン(3) ポルトガル(2)
アフリカ モロッコ(1)
合計21カ国

じーな

やっぱり、行き過ぎだよね〜

初期の頃は観光目的でしたが、やがて

現地で暮らす

という感覚になり、同じ国に何度も行ったり、宿泊は学生が不在時の寮やAirB&B で現地の方の家に泊まることが多いです。

若い頃と違い、この年になると観光スポットを忙しく観て歩くのでなく、リゾートでくつろぐでもなく、その土地や生活に興味を持ったシニア型の旅行になってくるということでしょうかね。

この旅行体験を生かして、海外旅行業務取扱管理者の資格を取得しました。
スペイン語はまあまあ話せますが、英語は う〜ん

スペイン訪問は数えきれてないぐらいなので、情報については圧倒的に強いです。スペイン人の友人や、スペインに滞在している外国人の知り合いもいます。



2017年8月末 定年
2017年9月から再雇用 ただし就業時間は、5.5時間 (いわゆるパートさん)
2018年8月末 退職

2019年4月 役所職員となるも、左腕に大ケガをして現在リハビリ中。(泣)
2019年9月 契約終了

2020年7月 役所職員

国家公務員を退職したとき、300万ほどの退職金をもらいました。
そのころ、”退職金定期預金”というものがあったかどうかはわかりませんが
ただぼんやり過ごしてしまったため、半年ほどであっという間に消えてしまいました。

こんな経験があるからこそ、2度と失敗したくないという退職の問題
きっとお役に立つと信じています。

というわけで、このブログは数多くの海外渡航歴と滞在歴をもとにした情報と、退職後に必要となる様々な手続きを行うことによって得た知識を記事にしています。