ペットがいつの間にやら変色!そんなバカな

犬とハリネズミの変色

子供のころの色

わが家の同居人?シュナウザーのアニスとハリネズミのしぇり、偶然にも彼と彼女は同じ色だったのです。

と言っても、犬とハリネズミですから、見た目にはかなりの違いがありますが。

ソルトアンドペッパー

これが彼と彼女の、書類に記載されている色。

塩、胡椒

シュナウザーの塩、胡椒は、別々の毛の色が混ぜ合わさったものです。白い色の毛の中に、固そうな針金みたいな黒い毛がところどころ生えています。

ハリネズミの塩、胡椒は、針の白い部分の根元に色が入っています。

2匹の子供の頃の写真は、こんなふう

シュナウザー子供のころ仮住まい

アニスの写真は、14年前にガラケーで撮影しているのでサイズが小さいのです。少々お見苦しいですが。
別名、村山さんと呼ばれていました。

これが、いわゆる使用前写真でしたが、しばらくすると冒頭の写真のように変色してしまいました。

シュナウザーの変色

アニスが変色したのはというか、黒い毛の下に、実は白い毛があったことには全く気づいていませんでした。

初めてのトリミング

生まれて半年経ったぐらいに、初めてのトリミングに連れて行きました。迎えに行ったアニスは別の犬になっていたのです。

えええのえー

まさかの出来事でした。
「もしや、うちの犬、他の犬と交換されたのでは?」
などど、ちょっぴり疑ったりして。

なんとなくがっかりしたような気もするけれど、どちらかというと、ここまで白っぽいシュナウザーは珍しいので、それもいいかなという感じでした。

ハリネズミの変色

”しぇり”は、トリミングなどしません。

では、いつ気がついたのかと言うと。

ある日、なにやらゲージの中に白いものがウロチョロしているなと思ったのです。まるで、雪の固まりが動いている感じ。

「この子、こんな色だったっけ?」

子供の頃の写真を見てみました。明らかに変色しています!
だって、ペットショップの人は

「この色、タヌキみたいな雰囲気になるんですよ」

と言っていたのですから。白い色を調べてみると、スノーフレイクという種類らしく、結構珍しいものだとか。本当に雪の固まりでした。

不気味な回し車

しかし、この白い色、ちょっとこわい現象を起こします。

うちでは、ゲージの中にペットシーツを敷いているのですが、それが白いときにはよく見えなくなる場合があるのです。

夜中に、ふと見ると回し車が回っている。

でも

何も乗っていない

ぎょぎょぎょーーーー!!!

回しているものがいないのに、車だけが回っているのかと、驚くのですが
よーく見ると、”しぇり”が回しているのです。

同じように、ゲージの中を走っていても、どこにいるのかよくわかりません。

自慢のペットたち

アニスはこの色のせいで、

「それは何ですか?」と言われたこともあります。

ウサギじゃないよ💢

すーじー

”しぇり”については、海外の友人などに写真を送ると、

「きれいなハリネズミだね」
「こんなハリネズミは見たことがない」

と言われて、ちょっとうれしかったりします。

なんだか得した気分です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です