オンラインツアー2回目、みゅうチェコ編

オンラインツアーみゅうプラハ

オンラインツアー第2弾

前回に続き、またオンラインツアー に参加してみました。

初めてのツアーが他の会社と比べて、どうだったのか知りたいです。
前回のオンラインツアー は

  • プライベートツアー(他に参加者なし)
  • 撮影ポイントあり
  • 終了後、自由質問の時間あり

大きな特長は、自分1人だけのプライベートツアーだったことです。
ガイドさんはいるものの、オンラインツアーの個人旅行みたいなもの。
(なんだそれって感じですが)

チェコを選んだ理由

なぜチェコ?

1回目は、タージマハルということでインド

今回チェコを選んだ理由は、行ったことがないインドや東欧(東ヨーロッパ)を選びました。
プロフィールのページに21カ国旅行をしていると書いている”きりぎりす”ですが、インドや東欧(東ヨーロッパ)に旅行したことがありません。

コロナの収束は、未だ見えず

コロナが明けたとなっても、年も年なので、若いときのようにあっちこっち行けるかというと、なかなか難しそうです。

  • 健康の問題
  • お金の問題

どちらも大きな問題です。
特に健康については、行ってから帰ってくるまでが気を抜けない重要なことになります。
オーバーだと思うかもしれませんが、いやいや
数年前には全く考えもしなかったのに、

こんなことになるとはー

なんて思い知らされてます。

何か聞きたいですよね?

それは、お腹の調子なんです。
なにやら、突然起きる下痢、意味不明の下痢
それって考えてみてください。

海外旅行というのは、何時間も飛行機に乗ります。その機内では

トイレに行けない時間

ってのがあるじゃないですか

それをクリアするためには、オムツ しかないんですよ。
たぶん、お腹のゆるい方は、苦労してらっしゃるのではないかとしみじみ感じました。

ま、そんなことで。

話を元に戻し

行ったことのない東欧、その第一歩として、チェコのオンラインツアー体験をお届けします。

みゅうオンラインツアー

前回は、HIS

他を体験する意味でも、別の会社のツアーにしてみました。

みゅうのオンラインツアーは、こんなふう

みゅうオンラインツアーラインナップ
さすがにヨーロッパが強いみゅうらしいラインナップ

予約完了後、HISは説明もなく、必要なことは自分で調べるしかなかったのですが、みゅうは予約完了メールに必要なことを記載してくれていましたし、ツアーが始まる前にも画面に注意書きなどが流されていたので、安心して参加できます。

使う設備は、同じく会議用サービスZoom

大きく違う点

  • 複数参加
  • マイク・カメラ使用せず
  • 生中継
  • ガイドさん(日本人)

ということで、自分の姿を他の人に見られる心配はありません。
ツアー中は、チャットが使用できるので、質問を書き込んでいきます。

実際は、質問ではなく

「わぁー」

「きれい」

などの感動のコメントも書き込まれていました。

質問は、ガイドさんだけでなく、MCとして会社の方も回答されました。

インドのツアーとの違いは、観光がビデオではなくて、現地生中継だったので、コメントによってガイドさんが行動を変更してくれることです。

プラハ城からカレル橋を渡り旧市街へ

参加したのはタイトル画像にもなっていますが
【オンライン体験ツアー】プラハの王道を歩きながらライブ配信 ~プラハ城からカレル橋を渡り旧市街へ

2,025円

開始前の画面です

みゅうオンラインツアー開始前
やがて、参加者が入ってきます。

プラハ城からカレル橋

何度もテレビで見て、行ってみたいと思っていたカレル橋がそこにありました。

橋の彫刻、観光のポイントを教えてもらいました。
旧市街に入ってからは、お店の人とのやりとりも見ることができてうれしいです。

参加者の皆さんのチャットも面白い!

オンラインツアーの感想

ツアーは、1時間強
結構、押してしまいました。

生中継のツアーは、楽しいです。
参加者といっしょにツアーしている感じは、そのときならではのこと。

現地の様子も、天気・気候が画面を通して伝わってきます。

前半、ガイドさんの歌がなかなかだったので、もっと歌を聞かせていうコメントが多くなり、結局時間が押して歌ってくれたのは

もう 終わりだね ♪

爆笑の、ツアーとなりました。

本当に楽しかったです。

初めてのオンラインツアーは、みゅうの方がお勧めかもしれません。
また、ぜひ参加したいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です