エストニア の黒パンを焼いてみる(失敗した理由)

エストニアの黒パン

エストニアの黒パン

エストニアという国

エストニアの黒パンってご存知でしょうか?

というより、

エストニアって何?
エストニアってどこにあるの?

という人の方が多いかもしれません。

エストニアはバルト三国、北からエストニア・ラトビア・リトアニアというバルト海に面した国々の1つです。

歴史上、スウェーデンだのドイツだのロシアだのに支配されてきましたが、現在は独立したEUの1国になっています。

黒パン

黒パンは、ドイツパンにもありますが、それとちょっと違うのが

ロシアの黒パン

ドイツの黒パンより、酸味が多いと思います。
そう、ちょっぴり酸っぱい感じのするパンです。
(偉そうに言ってますが、食べたことありませんw)

ただ、レシピを見たときに、小麦粉を入れたり、酢を加えるようになっているのが、エストニアの黒パンとは大きく違っています。

黒パンは、フィンランドやバルト三国ではごく普通に食卓に出てきます。
”きりぎりす”の好きなスペインでは、残念ながら売られていません。

フィンランドに行ったときには、帰りの空港免税店でこの黒パンを買って帰っていました。

黒パンを食べたい

そう考えても、日本では、代用にするドイツのパンでさえ結構お高いのです。

フィンランド人の友達は、

黒パンはエストニアがよい

と言います。

日本でエストニアの黒パンは、食べられないのでしょうか?

と考えて、ある日検索してみました。すると

エストニア料理屋さん

なるサイトが東京にあることがわかりました。サイトに行ってみると

実店舗はないけれど、エストニアの黒パンのワークショップがある

ということを発見しました。

黒パンを自分で作れるようになれれば、いつでも食べられる
なんといううれしいことでしょう

しかし、ですよ

場所は、東京

往復の交通費とワークショップ代金を考えると、かなりの量の黒パンを食べることができます。

まあ、大阪だから、ドイツの黒パンになりますけどね

うーむ これは問題です

エストニア の料理屋さんに

「大阪でワークショップする予定はないのですか」

と問い合わせたところ、

今のところありません。ですが黒パン作りのビデオと材料を販売しています。

という返事をもらいました。
見逃していましたが、確かにサイトにはそういう通販があります。

安いというわけではないけれど、東京へ行くことと比べると格段に安いです。

よし、これにしよう!

早速購入しました。

というわけなので、実際に手取り足取りのワークショップとは違うのですが、ビデオを見ながら黒パン作りをした『ビデオワークショップ』の体験です。

同じように北ヨーロッパにある黒パンを食べたいと思っている人には、かなり参考になるはずです。

黒パン作り実習

セット購入品  5,300円

黒パンの材料

  • ライ麦粉
  • モラセスシロップ

中に入っているものはこれだけです。
なんとシンプル!

他に必要となるものは、

  • ボール
  • へら
  • パン焼き型
  • ふきん(タオル)

パンを焼いたことがある人なら、持っているものばかりですね。

ナッツやシード類を入れて作る方法もありますが、きりぎりすはシンプルな黒パンを作りたいので、1回目は何も入れずに作ることにします。

黒パン作り工程

  • STEP.1
    酵母種を作る
    3−5日必要 
  • STEP.2
    酵母を増殖させる
    16−24時間
  • STEP.3
    生地を作る
    1−2時間 
  • STEP.4
    パンを焼く
    65分
  • STEP.5
    パンをさます
    1時間以上

少しずつ見ていくとわかりにくいですが

パン作りは、日にちが必要です。朝早くから始めてもその日のうちにできるものではありません。

黒パン作り

うまくいかない

酵母種はしっかり3−4日かけて作り上げましたが、その後の工程のための時間が全くないことに気づきました。

へたをしたら、夜中に起きなくてはならない

翌日は仕事だったので、時間を適当に短縮してパンを焼き上げました。その結果

エストニアの黒パンを焼く

失敗ですww

わかりにくいかもしれませんが、お皿に出すとこんな具合です。

エストニアの黒パン

割れているのは問題ないのですが、ほとんど膨らんでいません。

もともと黒パンは、食パンのようにふんわり膨らむものではありませんが、発酵によってある程度大きくなります。

なのに、それなのに、多分3分の2ぐらいのぺちゃんこです。

エストニア 料理屋さんに質問してみました。
丁寧な回答をいただいています。

MEMO
ステップ2で発酵をさせることは次に影響しますので、次のステップでの発酵の膨らみは期待できないと思います

やっぱり〜

MEMO
焼き上がったパンがベチャベチャなのは、発酵がうまくできなかったことです。発酵ができれば生地の中に気泡が入ります

焼き時間が少なかったことではなく、やはり発酵が原因になっているよう

すべての原因は、発酵の時間!

注意
パン作りは、結構時間がかかる

パン焼き型に入れてから、全く膨らまなかったのに、焼いている途中で少し膨らんでくれたのは

不幸中の幸い

でも、失敗です。
実は、見た目だけでなく、味もおいしくないのです。
ぺちゃんこだろうが、おいしかったら問題ないわって思いますが、これでは・・・(泣)

失敗は成功の元

次に成功となるなら、失敗してもどうってことありません。
めげずにチャレンジしてみようと思います。

そして、成功したならまたこちらにアップする予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です