オキシクリーンで洗濯槽の汚れ、カビを取ってスッキリ!

オキシクリーンで洗濯槽のカビ取り

洗濯槽に付着した汚れとカビ

洗濯機を使っていると、内側(洗濯槽)が黒くなってきます。

それは、黒カビとのこと

1年前の大ケガなんかもあり、洗濯槽はひどいことになっています。
今までは、洗濯槽のカビ取りというのを通販で買っていたのですが、もう残りがありません。

そんなときに思いついたのが

オキシクリーン

オキシクリーン

オキシクリーンを買ったのは、浴室の黒ずみが取れるとか、なんとか

ですが、やり方が悪いのか少しも落ちません。← 勉強が必要
代わりに洗面台とかもやってみましたが、

効果なし ← 同じく、勉強が必要

もう捨てるしかないかと思っていたオキシクリーン、洗濯槽のカビ取りに使えないかとググったら、使えることがわかりました。

オキシクリーンで洗濯槽のカビ取り

オキシクリーンの使い方

一般的な洗濯機なら、溶液を作ったりする必要はなさそうです。

分量は、4リットルにつき ー 28グラム

日本製のオキシクリーンは、キャップ1杯が28グラムとのことなので、わが家の洗濯機は

10杯と少し

それを40−60℃のお湯に溶かします。

オキシクリーン10杯と少しを バサー!
バケツでお湯をドバーッ!

やってしまいました。大失敗!!です。

いいかげんな”きりぎりす”は、洗濯機の電源を入れてなかった、つまりお湯を溜められる状態にしてなかったのでオキシクリーンとお湯の姿は消滅しました。

な、なんと!!!

たぶん、下から流れ出てしまったということでしょう

ショックです・・・

洗濯機によって使い方はいろいろだそうですが、わが家の洗濯機は

洗いを始めた状態で、一時停止

としないと、水を溜めることができないようです。

注意
洗濯槽に水が溜まる状態か確認しよう

仕方ないのでやり直し、オキシクリーンが残り少なくなってきました。

ということで、気を取り直してオキシクリーンとバケツのお湯を入れ直し、足りないお湯は浴室から44℃に設定して、洗濯槽がいっぱいになるまで運びました。

  • こんなに洗濯機を重くしていいのか?
  • こわれないのか?

という不安はありますが、こわれたらこわれたときのことですよね。

洗濯槽にお湯を貯めることができたら、一時停止を解除して洗濯機を回転させます。

回転させて出てきた汚れがこれ

洗濯槽のカビ

なんか、海藻が浮いてるみたい・・・

その後も、一時停止と解除を3回ぐらい繰り返して、開始から全部で6時間放置したら

完全解除(つまり洗濯開始状態)

洗濯を完成させます。

蓋を開けて中を見ると、塊がころがっていたので取り除き、さらにもう一度洗濯の工程を繰り返してみました。

上の方は少々残るものの、ほとんどはきれいに落ちました。

洗濯槽の掃除

お湯を満タンにすればよいのかもしれませんが、こわれるのが怖いですww
洗濯機の説明書にも、重量オーバーしないようにと書いてありますしねえ・・・

洗濯槽のお掃除、ちょっと大変ですが気持ちのよいものです。

洗濯槽のカビ取り まとめ

今回の工程を時系列にすると

  • STEP.1
    洗濯槽にお湯とオキシクリーンを入れる
    洗濯機の電源を入れて、少量のお湯が溜まる状態を確認する
  • STEP.2
    洗濯槽にお湯を溜める
    40℃−60℃のお湯で洗濯槽を満たす
  • STEP.3
    洗濯機を回す
    お湯を入れたまま洗濯槽を数回動かして一時停止する
  • STEP.4
    放置する
    6時間放置する間に洗濯機を数回動かす→一時停止
  • STEP.5
    洗濯を開始する
    一時停止を完全に解除して、1回洗濯を完了する
  • STEP.5
    2回目の洗濯をする
    汚れを取り除き、再度洗濯を完了する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です