今しか使えない退職金定期預金を利用しよう

退職金の源泉徴収票

退職金定期預金は、退職金のための特別な預金です

一般的な定期預金とは違う種類のものです。
各銀行、それぞれが定期預金としてはほぼトップクラスの特別な金利を設定して、退職金定期預金という名目で商品を扱っているもので、

その金利は、2%3%などですから

一般的な定期預金の10倍とか100倍ぐらいになったりしますよね。

これを見逃してはおられません。

すーじー

各銀行によって申し込むための条件も異なりますが、主なものは

  • 退職金だけしか預けられない
  • 退職金をもらってから1年以内などの制限がある
と、なっています。
ですから、なんでもかんでも「これが退職金です」と言って他の預貯金を持ち込めるわけではなく、退職金定期預金を申し込むときは”退職金所得の源泉徴収”など退職金であることの証明書が必要で、その金額が上限となります。

そして期間は、2ヶ月とか3ヶ月という短期間なので、満期になったら次の銀行というふうに銀行間を回し、どれだけ多くの期間を預けられたかということがキーポイントになるのです。

MEMO
準備は、退職金をもらうまでにしておかなければならない

退職金をもらうまでの準備

退職金をもらうまでということは、要するに在職中ということになってしまいます。
銀行に行くためには、休み時間や休日を利用しなければならないので、前もってしっかり計画しておかなければ、1年間の有効期間をやりくりすることができません。

時間的なタイムラインを表示すると

  • STEP.1
    銀行を選択する
     
  • STEP.2
    普通預金口座を開設する
     
  • STEP.3
    退職金を受け取る(開設した口座に入れる)
     
  • STEP.4
    定期預金を申し込む
     

これが1つの銀行でのパターンで、それを繰り返して1年間ということになります。

退職金は、何百万円から何千万円となるので
受け取ってから銀行間で移動させることなく、1回目の退職金定期預金を始めるときには、できれば定期預金を開設する銀行に会社から直接振り込んでもらうようにしたいものです。
そのためには、会社で退職の手続きをする段階で退職金の振込先を決めて、記載しておく等着々と準備しておく必要があるのです。

どの銀行を選択したらよいかは、次に書きますが
現住所や勤務地が近くないと、口座を開設できない場合もありますので
早めに準備してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です