60歳以上でも就職先が見つかった!厳しかった採用の現実

60歳以上で就職

60歳定年後

60歳で定年になり、再雇用で1年働き退職、失業保険を150日間もらっていました。

その期間も過ぎたので、半分だけの年金では生活できず、本格的に就職活動を始めました。
それについては、こちら

ハローワーク仕事探し 60歳定年後、ハローワークでの就職活動に挑戦!

就職活動

ハローワークでの紹介

その記事を書いたのが、2月の始め
2週間に1回ぐらいはハローワークへ出かけ、求人検索をしました。

応募しても、よい知らせは届かず
やがて3月になり

このころには

「60歳以上の採用なんてないんじゃないの?」

と疑っており、相談員の方にも質問しました。

「いますよ」

という返事は、100人中1人ぐらいのような不確実さで、全く力づけられるような強さはありませんでした。
よほど、場所が辺鄙だったりして、

応募者が極端に少なかったとき

そんな状況でしか、合格の文字は浮かんできそうにない
と思えました。

若い頃には、就職で苦労をしたことがなかったので、採用されることの厳しさ、年齢のハンディを思い知らされていたのです。

ニューヨークが本部の某団体

仕事内容としては、ほぼ理想的なところでした。

募集期間がひと月間と比較的長く、半月ほど過ぎた時点で応募状況を確認してもらいました。
募集は1名ですが、20数名応募しているとのこと。

ですが、募集期間内であるのに、すでに何人かに不採用の連絡が入っていました。
それは全員60歳以上。

じーな

あー、やっぱりね

60歳の壁

そういうところに応募するのは、無駄な抵抗とは思いつつも、応募書類の中にエッセーというのがあり、”きりぎりす”の得意分野なのでせっせと書き上げてみました。
うん!我ながら 上出来!!

ということで、応募書類を全てPDF送信しました。

翌日

即座に不採用のお知らせが届きました・・・

公務としての事務職

”きりぎりす”は、公務を希望しました。

年齢不問

これは、圧倒的に公務が多いと思ったからです。
一般企業では60歳以上が入社して来たときに、その存在を扱いきれません。

一度派遣会社に問い合わせたときにも言われました。

企業では、60歳以上の方の指導に困るんです

なにがじゃ💢
60歳以上でも、いろいろあるだろ💢

とは思うものの、それも認めざるを得ない状況かも。

ということで、片っぱしから公務に応募したのですが、やはり若者が応募してくると年齢で足切りされます。
10回応募したところで、8回は書類で落とされました。

面接するまでもない

そんなところでしょうか?

あきらめモード

2月中は、下手な鉄砲も的に応募することを考えていたので、たくさん紹介状をもらってました。
ですが、3月にもらってきたのは、2つ。

ハローワークの求人は向いていないのかもしれない

と考え始めました。

関東にいる知人は2歳年上ですが、一般求人でいつも仕事を見つけています。
3月中に決まりそうになかったら、そっち方面へ方向転換しようかと思っていました。

ラストチャンス

ハローワークからの紹介

9連続 失敗

もう、残りは1つだけです。4月はすぐそこまで。

そこに神の手が差し伸べられました。← オーバーじゃない?

10回目で採用

自分の生活にも密接なことを扱う仕事なので、この年だけど頑張ってみたいと思います。
ということで、”きりぎりす”は4月から働きに行くことになりましたww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です