じゃがいもは、果物よりもビタミンCがいっぱい

じゃがいもの効能

食べたいもの

食べたくなるものは、その人の体が必要としている

という考えを持っている”きりぎりす”です。
今回は、じゃがいも

最近、じゃがいもをモリモリ食べています。

世界の寿命ランキング

世界の平均寿命ランキング2018年版がこちら

世界の寿命ランキング

こちらのサイトからお借りしました。
参考 世界の平均寿命ランキングMEMORVA

2018年版といえども、2016年になっているのは、統計をまとめるのに日にちがかかるということでしょうか?

日本が上位にランクインしているのは想像できることですが、3位はスペインなのです。スペインという国は、料理のほとんどがオリーブオイル、にんにくを使っていて、それに優等生のトマトが加わります。これは強力ですよね。
しかも、素材をそのまま炒めているようなものが多く、日本のシンプルな味付けとよく似ています。こういう料理をしていたら体にいいだろうなと感じるものが多く、ランキングに入ってくるのは当たり前といえば当たり前なんです。

そのスペインがトマト同様に、新大陸から持ち帰ったのが

じゃがいも

じゃがいもの栄養

「じゃがいもなんか、デンプンでしょ、炭水化物じゃーん」

って思う人が多いかもしれませんが、

    • ビタミンC・・・35mg 強い抗酸化作用、アンチエイジング効果や美肌効果、ストレス対策、骨粗鬆症
    • カリウム・・・410mg 塩分排出
    • 食物繊維・・・1.3g
    • リン  ・・・40mg
    • マグネシウム・・・20mg

うれしい効能が含まれていますね。
リンやマグネシウムは、骨や歯を形成します。

さらに、じゃがいもにはクロロゲン酸も多く含まれています。じゃがいもの皮に多く含まれているクロロゲン酸は、がん予防や老化防止、糖尿病の予防、抗酸化作用があることで、老化防止にもなりますじゃがいもの皮は、育毛効果があると聞いたこともありますよ。

ここまでの栄養による効能を知ると、”きりぎりす”の骨粗鬆症に必要なものだったのかなという気がします。

また、ストレスという面でも注目できます。なにしろ、ビタミンCと言えば果物、りんごやみかんと考えてしまいますが、そのりんごの5倍も入っているのです
じゃがいもの大きな特長は、ビタミンCとさえ言えるかもしれません。

じゃがいものレシピ

では、じゃがいもを使ったレシピについてです。

別に料理が得意というわけではないので、簡単なスペイン料理から、おすすめのじゃがいもレシピを紹介します。

スペインオムレツ(トルティージャ)

スペインオムレツ

日本では様々なパターンがありますが、スペインの家庭料理では中身にじゃがいもだけを使います。

  • STEP.1
    じゃがいもを薄切りにする
    中に火が通りやすいようにします
  • STEP.2
    オリーブオイルで揚げる(炒める)
    味に違いは出ますが、ボイルでもかまいません
  • STEP.3
    溶き玉子(塩味を付けたもの)を加える
    2を取り出したフライパン(揚げた場合は残ったオリーブオイルを少々残す程度にしておく)に玉子を入れていくのですが、玉子の量はじゃがいもを埋める程度にしてください。トルティージャのイメージは、玉子の中にじゃがいもが入っているのではなくて、いもなんです。玉子はじゃがいもをつないでいるだけ。
  • STEP.4
    ひっくり返す
    大きめの皿をフライパンの上に乗せ、フライパンをひっくり返し、皿に取り出した中身をそのままフライパンに戻します。
  • STEP.5
    焼き上げる
    中まで火を通す必要はないので、真ん中がトロンとなっているぐらいが理想です

じゃがいもは、経済的にも優秀な食品、どんどん利用したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です