タコには、心臓の雑音を消してしまう力がある?

タコの効能

心臓には自信があったのに

もともと長距離走が早い”きりぎりす”は、心臓が丈夫なのだと思っていました。学生時代に少々動悸がするような時期もありましたが、異常などは感じたことがありません。

心雑音

毎年している会社の健康診断で、

「心雑音がありますね」

と指摘されたときには

「まじかー!!!」

と、驚きました。
その後、病院でエコー検査をしてもらい、『僧帽弁逆流』というお題をいただいてしまったのです。

これが、いつ頃のことかは覚えていないのですが ← いいかげん
15−20年ぐらい前なので、つい最近のオバハンになってからのことではありません。

スペイン料理、タコのガリシア風

それまで、タコをおいしいとか、食べたいと思うようなことはありませんでした。親は普通に食べているけれど、どこがおいしいのか理解できませんでした。

子供でタコが好き、などという子はあまりいませんよね。それが大人になってタコ好きになるのもよくわからないし、好きな人は何をきっかけにそうなったのでしょう?

ところが、ある日突然

それは、あるとき突然にやってきたのです。

タコが食べたい

すーじー

たぶん、家でスペインワインやシェリー酒を飲むようになって、何を食べようかと考えたとき
タコのガリシア風 pulpos a la gallega
という料理が簡単だと気付いたのでしょう。(トップの画像です)

それは、とても簡単に、あっという間におつまみ、おかずの1品となります。

タコのガリシア風レシピ

お料理教室のようになって来ました。

  • STEP.1
    タコを切る
    タコを薄切りにして、お皿に並べます(厚さはお好みで)
  • STEP.2
    調味する
    上から、オリーブオイル、パプリカ、塩を振りかけます

オリーブオイルはたっぷりにした方がおいしいです、塩加減は微妙で、しょっぱいと感じるようではかけすぎです。

以上

簡単でしょ?是非やってみてくださいね。

スペインでもレシピは様々で、タコには少々火を通したり(レンジでチン)、生だったりと様々ですが、”きりぎりす”は生が好きです。

タコのお寿司

タコのお寿司もいいですね。
寿司ネタを選ぶ場合は、必ずタコを入れます。

上野駅にある立ち食いのお寿司屋さん、あそこでタコを注文すると

「これ、タコ?」

というのが出てくるのですが、これがまた美味い!
父は、あれはイカだと言っていますww

タコの効能

そんなふうに、やたらタコを食べ始めるようになって、なぜこんなにタコを食べるのだろうかと調べてみました。

タウリン

  • 胆汁酸の分泌を促成し、肝臓の働きを促す作用をはじめ、血中コレステロールを下げ動脈硬化などを予防する
  • ホメオスタシスという体が持つ機構や体をつくっている細胞を
    正常な状態に保つ作用があり、交感神経を抑制し、心臓の働きを助け、
    高血圧不整脈などの不調を改善する

ここが心臓と関係ありそうですが、さらに

亜鉛

  • タコには亜鉛が豊富に含まれていて、体内に取り込んだ有害な重金属を包んで体外に排出する
  • 発育の促進、傷の回復
  • 痛風予防や爪や髪の健康を守る

こうなると、食べなきゃ損です。

定期検査は不要

これを知ったときに初めて、なぜタコを食べたくなったのかがわかりました。
体は不調を訴えてくれていたのです。

その後、1年に1回だったエコー検査は、2年、4年、特に異常がなければ来なくてよいと言われるようになりました。

今でもタコは食べ続けています。タコ様のおかげだと感謝しています

”きりぎりす”の心臓にはよかったけれど、食べたいと思わない人が食べてみて、体に良いかはわかりません。
また、食べ過ぎもよくないです。

もしも、ちょっと気になる方がおられましたら、週に1回、タコを食べてみるとよいことがあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です