手荒れ対策なら、これだけで万全!

手荒れ対策

寒い季節の手荒れ

暖かい季節はなんともないんだけど、ちょっと寒くなると手がガサガサしてきます。

そんな手のお手入れ、どうしていますか?

”きりぎりす”は、それほど手荒れがひどくありませんが、怠けていてひどいことになりました。あれこれ使ってみましたが、これが鉄壁の方法だと考えています。

ハンドクリーム

まずハンドクリームですが、お店にはドサーーーーーっと迷うほどの種類があります。

多いのは尿素がどうたら、こうたら。
そういう物も使ってみました。

でも、本当にひどいときに、それではなかなか治らないんです。もちろん、せっせと毎日欠かさずお手入れしていたら、治るでしょう。

そんなの、めんどくさーい!

すーじー

もっと、手っ取り早くて、効き目が抜群のものがありました。

ニュートロジーナ

これって、子供の頃、たぶん印象的なコマーシャルをしていたんです。だから”きりぎりす”の頭の中にインプットされていました。そして、いつしか忘れ去り・・・

あるときお店で見つけて、名前をよく見たら

ニュートロジーナ

「お、これ知ってるぞ」

ニュートロジーナのパッケージは、アルファベットが並んでいて、全然人目を引きません。
じーっと見て、ようやく気づく程度です。
たぶん、見たことはあるけど、ハンドクリームだと思ってなかったという人が多いのではないでしょうか。

ノルウェーの国旗がついているこの商品、今はジョンソン・エンド・ジョンソンが製造販売元となっていて、”きりぎりす”が持っているものは、フランス製となっています。

何がどうなってるのか、わけわかりません。ノルウェー、アメリカ、フランス???

兎にも角にも、これを付ければあっという間に治ります。まるで、ガマの油の宣伝のようですね。そう言えば、手荒れにもガマの油は効くんでしょうか?
ノルウェーの漁師さんたちの手荒れにも、これがあれば大丈夫という商品らしいです。聞いただけで手荒れを想像してしまいます。

赤いラベルの方が強力です。青だとイマイチなので、そっちは予防にお使いください。

寝るときの手袋

そして、鉄壁のもう1つがこれ。

どんなハンドクリームでも、付けた手で触るとそこに付いてしまいます。

それは、なんとなくイヤ。食べ物に付くのはもちろんイヤだけども、家具などに付くのもイヤ。付けた本人はあまり気にならなくても、見ている方は不快感があるんですよー

だから、ハンドクリームは寝るときに付けたいです。そのとき活躍するのが手袋。

短い手袋は役に立たない

ちょっぴりフワッとしたコットンが最適です。

100均にもあるのですが、最近の物は長さが短いです。これは眠ってる間にめくれ上がってきたりして役に立ちません。手首の辺りまで赤く荒れてしまうときがありますからね。

いろいろ販売されていて、お好みで選べばいいのですが、”きりぎりす”はラフィナンという手袋を使っています。少々高めでも、安物と違って長持ちします。
この手袋は、付けているだけでしっとりするというキャッチフレーズ?があるものの、それはどうだかなんとも。

でも、ニュートロジーナにこの手袋をしていると、もう1日で治ってしまうのです

毎晩手袋は少々苦痛

いくら手荒れによいと言っても、毎晩手袋ってのは気になりますよね。でも、このコンビは一晩で治ってしまうほどに強力なので、毎晩毎晩する必要がありません。

この方法で、水を使うお仕事の方も冬を乗り切ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です