迷子札(ネームプレート)が飼い犬の命を守る理由

迷子札ネームプレート犬用

迷子札とは

迷子札は、飼い犬や飼い猫の首輪につけるネームプレートのことです。

直接首輪に彫り込んでしまうような一体型タイプもありますが、首輪は消耗品なので
新しい首輪になっても付け替えられるタイプが便利かと思います。

ですが、首輪からブラブラ下がっているのが気に食わない。
チャラチャラ音がするようで嫌だという方は、首輪一体型がよいでしょう。

迷子札の必要性

家からの逃亡

ここに登場しているわが家のシュナウザー”アニス”は、14歳です。
これまでは、迷子札が必要だと思っていませんでした。

外飼いにする場合は、

もしかするとチェーンやリードを切って逃走してしまうかもしれない

という危険性がありますが、室内飼いをしているなら、よほどのことでもない限りは
逃げて行ってしまう可能性がありません。

ところが

”きりぎりす”と別居している父は、90歳を過ぎて頼りなくなってきました。

「家にいなくなって探したら、マンションの1階に行っていたんだ」

という話を聞いて

あんぐり!!

アニスは椎間板ヘルニアで、後ろ足に力が入らず、走り回ったりしないので
たまたま下にいただけ

もしかしたら、姿はなくなっていたかもしれません。

交通事故

”きりぎりす”の住んでいる区(父とは別の区)は、犬に優しい区です。

公園に向かう人たちは、自転車の前カゴに犬を乗せて走っています。
これは、ごく普通の情景です。

お買い物も犬と一緒なので、店の入り口には繋がれたワンコたちが待っているし、店にはそういうワンコたちの待合所があったりしますww

そんな区で生活していて、以前こんな話を聞きました。

飼い犬が逃亡して不明になっていたところ、警察から電話があって

「オタクの犬が交通事故にあったので、すぐ来てください」

そして、その犬は一命を取りとめました。
もし連絡がなかったら、その犬は病院で処置が行われないので、助からなかったでしょう。
その犬を助けたのは、警察ともう一つ

連絡先がわかったから

ペットを守る迷子札

”きりぎりす”が買ったのは、高級なものではありません。

たったの1,080円です
これで命が助かるなら、ありがたいことですね。

サイズや色、犬のシルエットも選べます。

迷子札ネームプレート犬

表にはシュナウザーのシルエットを入れてもらい
裏に、連絡先の”きりぎりす”の名前と携帯電話番号を入れました。

これで安心です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です