車椅子(歩行器)は、足が弱くなってきた老犬にお勧め

犬用車椅子

起き上がれない老犬

転ぶことが多くなり、倒れてしまうと自力で起き上がれない。
そして、足をバタバタさせて流血騒ぎ、大きな声で鳴く。

こんな状況になってきたため、ベビーサークルを利用しています ↓

老犬のお世話、足が弱くなったらベビーサークルで保護する

飼い主としては、

  • 流血騒ぎ
  • 近所迷惑

この問題をなんとかして、安心して外出したいと考えます。
長時間ではなくて、ちょっとスーパーに買い物ということさえ制限されると、精神的にキツイのです。
自由に行けるときには、あまり出歩かなかったりするのに、

外出できない

となると、やたらと出たくなる。人って勝手なものですよね。

老犬に車椅子が必要な理由

そこで、参加している Facebook のグループで相談してみたところ、

まだ歩ける、それが車椅子を始める時期

と、多くの方に勧められました。

車椅子って、事故とか何かの理由で足が不自由になった犬が、もう1度自分の力で散歩する

そういうイメージを持っていませんか?

ところが、多くの老犬は車椅子を利用して家の中を歩いているのです。

横になるだけになってしまったり、全く足で立つことができなくなっても、車椅子に乗せると老犬は自力で歩けたりするのです。

車椅子の安全性

問題の流血騒ぎは、車椅子だと解消されます。

でも、外出に関しては、

何時間も留守宅で、車椅子に乗ったままで大丈夫なのでしょうか?

じーな

使っている人たちの話では、2、3時間は大丈夫だということで、車椅子屋さんに問い合わせてみても、

「大丈夫!」

という回答をもらえたので、注文することにしました。

犬用車椅子の注文

ネットで検索してみると、犬用車椅子のお店は見つかりますが、自宅から行けるという条件にすると限られます。

もちろん、注文は実際に行かなくても、寸法を測れば良いのですが、できるだけぴったりサイズを作ってあげたいと思いますよね。
出来上がってきたものが、なんだか合わなくて使えない、再度修正をお願いしなければならないというのは避けたいです。

そこで、見つけたのが

フントの車椅子です。

フントの車椅子

場所は、東大阪です。

家からは結構時間がかかりましたが、犬の様子をみてもらうという意味でも、行ってよかったと思っています。

アニスの車椅子は、体が左に傾いていることから顔を置く場所(エプロン)も付けてもらう、4輪車になりました。

老犬用車椅子

車椅子の製作期間

車が出来上がるまでは、代車を貸してもらって、少しですが練習してみました。

製作期間は2−3週間ということです。

実際に車椅子を動かす場所も見てほしかったので、届けてもらいました。

車椅子のアフターケア

こちらのオーナーは、とにかく親切です。

買うには買ったけれど、どんなふうに使用したら良いかわからないし、車椅子の取扱いにも疑問がいっぱいです。

車椅子を発注する人は、それだけでも大きな問題をかかえているのですが、歩けないこと以外にも様々な悩みを持っています。老犬のお世話というのは、本当に大変です。

ましてや、”きりぎりす”のように1人暮らしだとすべてを自分で解決しなければなりません。

オーナーは、ブチブチとつぶやく”きりぎりす”の愚痴を聞いてくれて、いっしょに考えてくれます。

ホームページにもリンクとして

  • 老犬の介護サービス
  • お灸

参考になるところが載せられていることでもわかるように、アドバイスや紹介をしてもらえます。

車椅子の注文について迷っている方がおられたら、ぜひ

フントの車椅子

こちらのお店をお勧めします。
もちろん、アクセスの都合がありますが、電話などで相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

動物病院への通院
カートの中に充電式湯たんぽで出かけています ↑
始めは少々ニオイが気になりましたが、数回使うとニオイは抜けます。

認知症予防サプリは、こちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です