バルセロナにいた東国原さん、やってきたのはベンチの集金人

そのまんま東さんバルセロナ

ブログ100回記念

今日の記事で100になります。

その記念に、初の芸能人話題をしてみます。

東国原さんがバルセロナにいた

イタリア旅行、途中下車

それは1992年のこと。
スペインマドリッドからイタリア旅行に出かけた”きりぎりす”は、復路のバルセロナで途中下車しました

イタリア旅行については、こちら。

イタリアの夜道イタリア旅行、深夜の1人歩きに近づく2台の車

イタリア旅行が終わったら日本に帰ろうとしていたときだったので、ホテルも何も滞在先がなかったのです。まあ住所不定のようなものですね。
荷物は、マドリッドにホームステイしていたときのホスト先に預けていました。つまり、どこで宿泊しても同じ状況だったのです。なので、オリンピック後のバルセロナを見て帰ろうと思い、途中下車させてもらいました。

往路で1泊した以外は、バルセロナを訪問したことがなかった”きりぎりす”は、旧市街の小さいオスタル(HOSTAL)に1週間ほど滞在することに決めました。

ランブラス通り

2017年8月に車によるテロがあった場所です。

観光客が多いこの通りを、朝歩いていると、ベンチ(長椅子ではないですが)に座っている東国原さんを見つけました。当時は、そのまんま東さんです。

写真撮ってもいいですか?

じーな

東国原さんは快く承諾してくれて、マネージャーさんにツーショット写真を撮ってもらいました。
その写真をスマホで撮ってみたのがこれです。

バルセロナの東国原さん

若い、東国原さんと”きりぎりす”(← この2人同い年ww)
ちゃんとポーズも取ってくれていますし、サービス精神旺盛ですよね。

アリのイラストについては意味がありませんが、東さんはよく働いているので、合っているかも。

東国原さんとのおしゃべり

東さんは『なるほどザ・ワールド』のロケで来ているのだとおっしゃっていました。ただ、それがスペインだったのか、ヨーロッパの他の国で行なって、ついでにスペインに寄っていたのかは忘れてしまいました。

”きりぎりす”がスペインで勉強していることについて、当時から勉学意欲のあった東さんは、学校のことをあれこれ質問されていました。

有料ベンチ

そして話し込んでしまい、気がつくとベンチの料金を回収する人がやってきました。
現在はどうか知らないのですが、以前はベンチ代金が必要だったのです

東さんは

「払ってやりなさい」

と言って、おそらく”きりぎりす”を含む3人分を支払ったに違いありません。
そのとき、この人は日本の有名人なのだから、無料にするべきだと交渉することなど簡単だったと思うのに、”きりぎりす”は、なんだかボケーっとして、東さんのすることを見ていました。

その結果、東国原さんに借りを作ってしまったのです。

観光スポットへ消える

しばらくして、バルセロナ在住の日本の方が来られ、その方ともいっしょにおしゃべりしました。

バルセロナにはサンパウ病院という有名な観光スポットがあることを教えてもらい、”きりぎりす”は、なんと、とっとその場を去って行ったのです。

なんだか、東さんにお礼も言わずに行ってしまったような気がします。

きっと東さんは、

「ちゃっかりしたヤツだな」

って思ったでしょう。

なんか機会があれば、東国原さんにお返しをしなければと考えています。まあ、お茶ぐらいですけど・・
できればまた、スペインでお会いしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です