左手首のプレート・スクリュー除去(抜釘手術)の記録

プレート除去

プレート除去手術(2泊3日)

“きりぎりす“は、2019年4月に手術をしました。

左肘関節脱臼骨折/左橈骨遠位端骨折

脱臼骨折ー橈骨遠位端骨折 左肘関節脱臼骨折/左遠骨遠位端骨折という思いがけない大ケガ 手術予定 手術日記、左肘関節脱臼骨折/左橈骨遠位端骨折 入院から手術の日 入院生活 入院も小旅行と思えば楽しからずや?そんなわけない今年の連休 手術後1年 大ケガから1年、左肘関節脱臼骨折/左橈骨遠位端骨折のその後

それから約1年半、このうちの左橈骨遠位端骨折、手首部分に入っている金属を抜く手術を受けることになりました。
手術直後には、除去する手術はしないとのことでしたが、最終の診察のときに

プレートは、希望するときに抜きます

ということになったのです。腕の状態は前に戻ったわけじゃないし、違和感は満載
プレートを取ることで、これがよくなるのならば、そりゃあ取ってほしいです。

調べてみると、抜釘手術として検索されますが、病院からもらった書類には抜釘の文字はどこにもなく、

手術名: 骨内異物(挿入物)除去

と書かれています。

入院の日

10月21日、水曜日

動物病院に行って、ハリネズミの”しぇり”をホテル預けとしました。
9:30 営業開始なので、入院予定の10:00にはギリギリか少々遅れることになりますが、前泊にすると費用がかさむので当日預けです。

10:07 病院入り口で書類記載と検温、その後コロナ対策のため肺のCT検査

12:00 昼食 今回は嫌いな鶏肉もアレルギーとして申告してあるので、安心w

14:00 麻酔科の先生とお話
他の人の体験談を見ても、友人に聞いても除去手術は局所麻酔がほとんどなので、全身麻酔に抵抗してみることにしました。

やっぱり、呼吸がほぼ止まっているという全身麻酔
コワイ
コワイ
そのまま、自力呼吸に戻らなかったら?
なんて、考えたら、ホント、イヤです。

「前回の麻酔で、何かありましたか」
「終了後、喉がかなり痛かったです」

「喉頭マスクだったからですね」

「今回は、局所麻酔にならないんですか?」

うだ

うだ

うだ

何やら会話をして、結局どうなったのかよくわからず
「今回は、なんていう麻酔になるんですか?」
「全身麻酔は変わらないんですが、喉頭マスクではなく、麻酔のマスクを被せるというのにします」

なにやら、納得いきませんでしたが、緊急の場合は変更もあり得るということで
同意書には

  • 全身麻酔
  • 伝達麻酔
  • 気管挿管
  • 喉頭マスク

というところが丸で囲まれています。

本当に喉に管を通さないのかなあ?
でも、気管挿管ってのは、管を入れるってことじゃないの?

と不安は尽きず、でもこうなったら

抵抗の余地なし

って、覚悟しました。

15:30ー16:00 シャワー

入院した病棟は、昨年と同じく5階
部屋は違いましたが、大部屋の中の位置取りは窓側で同じところでした。

知っている看護師さんにも会えると思っていたのですが、結局1人だけだったので残念でした。でも、以前から思っていた高畑淳子さんに似ていると言うと

「言われたことある」

と、楽しい会話ができました。

0:00 絶食開始(飲み物のみ可)
今回は、アルジネードウォーターを翌日9:30までに2本飲みます。

アルジネードウォーター

手術の当日

10月22日、木曜日

6:00 起床

9:30 絶飲開始

10:30 シャワー、手術着に着替える

11:30 点滴開始

12:25 手術室へ出発、マスク着用

手術予定

手術開始

廊下から手術室のドアに入ると、キャップを被り、病棟の看護師さんから手術室の看護師さんに引き渡されます。

今回気づきましたが、手術室は5つ。”きりぎりす”が入ったのはドアが開いていてわかりませんが、端から2番目なので

手術室4?

イヤな感じ〜

手術台は、こんなに細長いものだったっけ?というような、ギリギリのサイズ
左腕の手術なので、その位置にはもう一つの台が付いています。

台に横になると、上に何かを被せられ、手術着を横からはぎ取られます。
手術用の パンツ一丁ですww

前回は、先生と会う前に眠らされましたが、今回は先生の顔を見ました。

「じゃあ、やりましょうか」

「せんせー、お願いしますよー」(ちゃんと、やってよ的な表現)


かなり不届き者の患者です。

先生は、やや苦笑いのように見えました。
”きりぎりす”お気に入りの先生なのです。
すでに、病院の名簿からは名前が消えていますが、見つけて手術をお願いしました。

「お薬入れます」麻酔開始
「マスクします」

なんと、麻酔のマスクは、”きりぎりす”が付けてきたマスクの上に乗せられました。

え?こんなのでいいの?
ちょい息苦しくない?

と、思ったところで眠りへ

手術終了

目を覚ますと、先生が見えました。

手術が終わると、帰ってしまってもう会えないのではないかと心配していたので

あー、先生だ、うれしい

じーな

「全部、取れましたよ」

手首のプレート金具

スクリューなどがバカになって、取れない場合もあると言われていたので、ホッとしました。

MEMO
プレートは、スクリューやビスの関係で、除去できない場合もある
  1. 仕事は休む
  2. 動物はホテルに預ける
  3. 入院する
  4. 手術する
  5. お金は払う

そこまでして、

「取れなかったんですよ」

と、言われたあげくには

「ぎゃーーーーーーー!」

と手術室中に響く大声で、叫んだかもしれないです。
本当ですよ、ショックは大きいです。

「でもね、ちょっと付きが悪いので、サポーターしてもらいます」

何度もレントゲン検査を受け、骨はちゃんと付いているとのことでしたが、開けてみるとそうではなかった。そんなこともあるのですね。

というわけで、このようなサポーターをひと月間使用することになりました。

手首用サポーター

手術後の吐き気と痛み

前回の手術では、麻酔が切れて痛みが出てから吐き気にも襲われましたが、今回は終了後すぐから吐き気がしました。

点滴に吐き気止めを入れてもらったものの、なかなか治りません。

あまりに気分が悪いので、ベッドの上で動き回り、足をバタつかせました。足につけているマッサージャーも
ただ、うっとおしいばかり💢

腕を触ろうとしましたが、お腹の上に腕がなく

腕がない 腕はどこ?

右腕で布団を上げてみると、左手が見つかりました。

「あったー」

相変わらず、作り物のように気持ちの悪い自分の腕
なんだか、けっこう冷たいなあ

腕の感覚はなかなか戻らず、17:00過ぎにトイレに行くときには、肩から棒でもぶら下げているように、腕をブランブランと振りながら行きました。

麻酔が切れないのは、伝達麻酔が入っているからとのこと。また、最近はしっかり麻酔が効いて、翌日まで切れない人もいるとか。

18:00 夕食 病院ラストのディナーなので、なんとか食べようと、6割ほどを食べました。

痛みは、全然ありません。

21:00 ようやく指を動かすことができるようになると同時に、傷も少し痛くなりました。

結局、前のように注射をしてもらうような激痛はおこらず、吐き気も治まってきました。

”きりぎりす”は、肘も手術しているので、前回との正確な比較はできませんが、プレート除去手術は痛みが少なくて楽だったと言えます。

これから手術を受ける方、参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です