拉致されていたかもしれない?日本人になりすますアジア系女性は何者?

日本人拉致

日本人拉致の問題

今回の”珍道中”は、相当面白いというか、興味ある話です。
と、先に振っておきますww

ではでは、さっそく始めましょう。

日本人拉致事件

あるとき、拉致問題についての新聞記事を読んでいた母が

「たくさん拉致されてる人がいるんだね、あんたの学校の先輩とかも海外で拉致されてるんじゃないの?」

と言いました。

それを聞いた”きりぎりす”は、

「そうかも」

という程度で、母が読んでいた記事を読むわけでもなく、大した関心を示さなかったのです。

北朝鮮による日本人拉致事件については、
内閣官房 拉致問題対策本部事務局のサイトに

政府認定17名

という資料がありますので、ご覧ください。

 

それからさらに、時はさかのぼり、1992年”きりぎりす”がスペインに滞在していた頃の話です。

1992年スペイン、マドリッド

半年間スペインに滞在した”きりぎりす”は、ついでに旅行などをして、まもなく日本へ帰ろうとしていました。

イタリアの夜道 イタリア旅行、深夜の1人歩きに近づく2台の車 そのまんま東さんバルセロナ バルセロナにいた東国原さん、やってきたのはベンチの集金人 ツアー中の単独行動 ブランド店の営業時間に間に合わなかった、次の訪問地から自費で逆行

残金も残り少なく、安いホテル(オスタルだったかも?)に宿泊して、安い食事でなんとか過ごしていたのです。

日本人女性との出会い

ある夕暮れ(暗くはありません)のこと、当時は観光客など通らない裏通りを歩いていると

「日本人ですか?」

と、女性に声をかけられました。
日本人、しかも女性となると、海外ではなんとなくホッとするものです。

おしゃべりしながらブラブラした後、彼女がいっしょに夕食しようと言うので

おっ!久しぶりにレストランでの食事かな

などと思ったものです。

レストラン ボティン

ところが、ドイツに留学中だという彼女は

ボティンという名の、ギネスが認める世界最古レストランに行きたいと言いました。

ボティン

ツアーで行ったことがあるような気もするし、ないような気も。
どちらにしても、相当高いレストランだということは知っていました。

まあ、1食ぐらいに大金を使ったとしても、明日からまた節約すればいいわ

という考えで、ボティンで食事をしました。

もちろん食べたのは、名物の 豚の丸焼き

それほどおいしいものでもなく、かといってまずいわけでもなかったのですが、なにやら

姿がそのままの豚

そんなものを目の前にして、食欲は出ませんでした。
彼女は、ゆっくりですが結構食べていたような気がします。

自称日本人

しかし、”きりぎりす”は、彼女が日本人でないということを見破ってしまいました。

その後もヨーロッパでは、何人かの

自称日本人

というアジア系の人に会ったことがあるのですが、流暢な日本語を話す中で彼女たちは

どうしても生まれ育ちが日本なら間違えない

という 数字がらみの言葉 を話せないことがわかりました。

なぜ、このときの彼女や他の女性たちが日本人だと主張するのかは不明です。

ドイツから来ている彼女は、確か芸術系の勉強に来ていて、今は休暇中だということでした。

日本人だとウソをついている人が、何を言っても

あとは、全く信用できません

それでも楽しくおしゃべりして、ワインも飲んだりしたと思います。
大金を使ってしまいましたが、お金を盗られたわけでもなく、リッチな雰囲気で夕食ができたのですから、”きりぎりす”にとっていやな思い出などではなかったのです。

いよいよ帰ろうかとなったとき

彼女は言いました。

「明日もいっしょに付き合ってくれない?」

もう、日本に帰る前で何も予定のない”きりぎりす”、彼女と過ごすのは問題ないのです。どこの国の人でも構いませんし。ただ

この人といっしょだと、お金がかかる

それがイヤだけのことでした。

彼女との待ち合わせ

翌日の待ち合わせは、場所を指定するというのでなくて

「ホテルに来てね」

ということでした。これは、”きりぎりす”にとって都合のよいことだったのです。
海外から来ている人を、路上で待ちぼうけさせるのは考えものですが、ホテルの部屋で待っている人をすっぽかしても、損害は少ないでしょう。 ←     自分だったら怒りますが。

そんなわけで、お金を使いたくないという理由で、そのホテルには行かなかったし、彼女に出くわすのを避けて、近辺しか出歩かずに過ごしました。

それで、彼女との関係は終わったのです。

2007年ごろ、日本

拉致されたかも疑惑

会社でランチのおしゃべり中、この話をしたところ

「それは、拉致じゃないの?」

と、指摘されました。

ガーーーーーーーン!!!

彼女のホテルに迎えに行ったなら、そこで”きりぎりす”は拉致されていたのでしょうか。

 

  • 流暢な日本語を話すアジア人
  • ドイツに留学中ということなら、彼女が待ち合わせする場所に行けないはずはありません
  • なぜ、ホテルに来てほしかったのでしょうか
  • 日本での居住地や出身地については話題が及びませんでした

そう言えば、彼女は”きりぎりす”の滞在状況について、色々質問していたような気がします。

拉致被害者、政府認定17名

もう、すでに他界してしまった母の、あのときのセリフが蘇りました。

「たくさん拉致されてる人がいるんだね、あんたの学校の先輩とかも海外で拉致されてるんじゃないの?」

先にリンク先を貼った、政府認定17名を列記してみます。(敬称略)

    名前(敬称略) 失踪年 失踪場所
1 久米 裕 1977 石川県
2 松本 京子 1977 鳥取県
3 横田 めぐみ 1977 新潟県
4 田中 実 1978 兵庫県
5 田口 八重子 1978 不明
6 地村 保志
地村 富貴恵
1978 福井県
7 蓮池 薫
蓮池 祐木子
1978 新潟県
8 市川 修一
増元 るみ子
1978 鹿児島県
9 曽我 ひとみ
曽我 ミヨシ
1978 新潟県
10 石岡 亨
松木 薫
1980 ヨーロッパ
11 原 敕 1980 宮崎県
12 有本 恵子 1983 ヨーロッパ

この17名の中には、確かに”きりぎりす”の出身大学の先輩がいます。

母が言ったことは、ズバリ!当たっていたのです。

北朝鮮の拉致問題

それは、

もしかしたら、すぐ身近にある危険

なのかもしれませんよ。

あると便利な旅行グッズ特集 トラベラーストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です